夕月について

  1. ホーム
  2. 夕月について

夕月より

神様にたよるという事は、近道と思われるかもしれませんが近道ではないです。
本来進むべき道にもどしているだけです。親や自分の「我」「欲」などで、進むべき道からハズれ、
近道に進んでいるつもりかもしれませんが、遠回りしているのです。
それを訂正しているだけです。遠まわりすればする程、時間と努力が必要とされます。  

私も皆さんと同じ経験をしています。
辛さはとても分かります。

小さい頃から怖がりで、体が弱く、頭痛い、お腹痛いとよく親を困らせていました。(病院に行ってもどこも悪くないと言われてました)。カンが強く、よく、くじ引きでは1等、2等を当てていました。
霊能者としてのきっかけは40歳のとき起こりました。突然左足が動かなくなったのです。最初は、皆さんが通うように私も整体に通いました。しかし通い続けても全然良くなりません。それどころか別の部位も痛くなったり動かなかったり。寝たり起きたりと通常の生活に支障をきたす様になりました。

ある時直感的に「これは違う!霊能者に行かなければ!」と思いました。といっても、霊能者の知り合いがいるわけでもありません。とにかくいろんな人に相談したところ、3人の人から同じ霊能者の名前を聞きました。それでその方に相談に行くことにしました。霊障でした。お祓いの為に週の半分近く通いました。その生活が約5年続きました。時間もお金もかかりました。やっと左足も動くようになり霊障が収まりかけた頃、その霊能者の先生からこんなことを言わ れました。「絶対霊能者になってはいけない。目がつぶれますよ」と。

霊能者になるつもりもなく、なれるとも思っていなかった私はその霊能者の方がおっしゃっている意味すらわかりませんでした。だって霊能者の皆さんって子供の頃から霊が見えたりするって言うじゃないですか?私は一切見えなかったのですから(笑)ただ今思えば人以上に怖がりでした、なぜかわからないけど霊とか怖いという思いはありました。

ある時、他の男性霊能者に逢うことがあり、その方に体に入っている霊(以前から2体入っているのは知っていました)を自分で除霊しなさいと言われ、後日、除霊を試みた結果、完全に出来たか霊能者を尋ねたら、もう大丈夫、体には何もいない、これで仕事ができるね、と言われました、体が空っぽなので、神様が体に入れる。。。ということなのでしょう、そして私から『天恵』という字が視えるとも言われました。 そして、頭に浮かんだことを全て話しなさい、と言われ、それから仕事として相談を受けるようになりました。

今でも霊能者としてやっていることが信じられない部分があります。心が弱くこの仕事をするのが怖くてたまらなかったりもしました。私個人でむかっていくには大変な仕事だと実感しました。「目がつぶれますよ」の意味もよくわかりました。(霊能者も大変なんです)辞められるなら辞めたいという気持ちと幸せになっていく方々を見た時の辞められないという気持ちで毎日を過ごしていました。なぜ私なんだろうと。
そんなある日神様から仕事をするときは『夕月ゆうげつ』と名乗るように言われました。そして『夕月ゆうげつ』は器でしかないのだとも。今、私『夕月ゆうげつ』は神様の入れ物でしかないのだと思っています。私個人が神示をお伝えするのではなく、夕月の中に入られた神様が悩み苦しんでいる方々に夕月の口、声を使って神示をお伝えくださるだけなのです。

神様の器(入れ物)でしかない私には普段はほとんど霊的なものは視えません。相談にこられてすぐ何か見えるわけでもありません。皆さんも霊能者ってどこまで視えるの?と疑問に思われることでしょう。私も以前他の霊能者の方に相談していた時(霊能者になる前です)、霊能者の方がどこまで視えているのだろう?と体がある程度楽になってきたときにふと思いました。(最初は必至で、治りたい一心で、すがっていたのでそんなことを考える余裕がなかったのです。)でも、自分が反対の立場になると、テレビで言われているようには視えませんでした(笑)私の場合は神様が夕月という器に入ってこられて初めて 視えるのです。しかも相談者の質問に対して神示をお伝えするだけで、余計な事・物は視えません。
(ただし相談内容によっては、必要とあれば秘密にしていることも視えます。ご家族に内緒にしていることがある時などはまず、おひとりでお越しください。)

私自身霊能者として苦しんだりしてきましたが、前向きに相談者の方と同じように進んで行こうと思っています。
とにかく、不安とか怖いとかの気持ちもおありだとは思いますが、お悩みやご相談事があれば一度いらっしゃってください。
除霊もお客様とご相談の上で決めますのでご安心ください。
まずは前に一歩すすみませんか?お待ちしております。

事業所概要

事業所名 夕月
代表者名 加藤 夕月
所在地 〒489-0925
愛知県瀬戸市西寺山町25-1
TEL/FAX 0561-56-9544
営業時間 9:00~17:00 (完全予約制)
定休日 不定休

アクセスマップ

アクセス名鉄瀬戸線「水野」駅より車で10分程度。

PAGE TOP